Project

低周波治療器・干渉電流型低周波治療器組合せ理学療法機器 ES-5000

Client: ITO / 2017

立体的に複雑な電流のうねりを発生させ、広範囲に深部を刺激する「立体動態波モード」、マイクロカレント治療が立体的に行える「3D MENSモード」に加えて、筋肉に立体的な刺激を与える「3D EMSモード」を新たに搭載。「Hi-Voltageモード」、「EMSモード」、「MCRモード」を合わせた6種類の電気刺激モードにより、患者様一人ひとりの症状に合わせた多彩な治療を可能にします。さらに、「3Dプローブ」や「6極吸引導子※」など目的や部位に合わせて適切な治療が行えるアクセサリーも充実しています。

装置のデザインは製品の特長である4チャンネルの電気刺激と超音波の治療操作に対するより使いやすいユーザビリティー性をデザインコンセプトとした。それは4チャンネルある操作ノブ外周に治療使用時の状態がユーザに一目でわかるようLED光を設けることでその時使用しているチャンネル数のノブ下にあるリンクした導子ケーブルの治療確認が素早くで確認きるようになった。また、このプロダクトは最上位機種であるためよりユーザビリティを向上させるためディスプレイユニットがユーザの好みの角度にアジャストできる機構とした。

そして外観意匠としては、本体トップ面のアイコン化されたシルバーとブラックのデザインはメーカーのシリーズ化を可視化する目的でオリジナルティーと、一目でITO社の製品であることが分かるようアイデンティティー化を図っている。

工業デザイン 医療機器 分野

Categories

9:30〜18:30 土日祝休

03-5809-2375

有限会社アオキデザイン

東京都千代田区神田佐久間河岸84サンユウビル 401

aoki design corporation

Sunyu Bld 401, 84 Sakumagashi, Kannda, Chiyoda-Ku, Tokyo 101-0026, Japan

For your inquiry, or any request, quotation, please contact at; Tel 03-5809-2375 , Fax 03-5809-2376
Or, please make an above the mail form

Copyright © aoki design corporation All Rights Reserved.